004

ドギ剣環境ピックカバレージ

第一回地下ラボCSでのドラフト動画が出てたので、どんなこと考えながらピックしたか思い出しながら書いてみました。
ドラフトCSがどんなものなのか、雰囲気を味わってもらえると思うのでぜひ動画も見ながら読んで欲しいな!
今回の環境はとにかく革命チェンジが強く、序盤から高い打点での攻め合いとなります。
そのため、7マナのSRなんていうものはとてもじゃないが間に合わない。ほとんどの光物よりもアンコモンのンババの方が強いという特殊な環境です。

パック内容は単純なカードパワーで並べたときの順にしています、だいたい左にある方が強いカードです。


ピック動画(youtubeに飛びます)


〇1パック目
1-1 ブリキン将軍
ブリキン将軍、ンババ、ヘビーポップ、アクミ、トラップC、ヴィロプレトス、Kフック、ドレミレード、ミテトル、ワルスラS
SRにヘビーポップが見えるも、革命チェンジのカードパワーの方が圧倒的に高いため迷わずブリキンを選択。ンババも強力ですが、数の確保がしづらい6マナドラゴン(大型チェンジ)から取ります。
後のパックからプチョ、バスターを引いた時のリターンを考えて早い段階で緑の5コス以上ドラゴンを拾っておけると嬉しいです。
割と良いパック、1周したところでアクミかヴィロプレトスを取りたい。
8枚取られた3巡目でおそらくワルスラS+後ろ4枚のどれかが回ってくるので、そこで緑は拾いづらいことを念頭に色バランスを考えます。
ドギ剣環境でははっきりカードパワーの高低差があるため、終盤に色合わせ要員で取るカードを考えやすいです。

1-2 ンババ
ンババ、養成所、ブレインタッチ、メタルワルスラ、ルロックJ、コライオン、カンバY、獅子王の紋章、ワルスラS
これはラッキー、ンババをピック。大型チェンジ、小型チェンジといい流れでデッキの基軸を拾っていけました。
アンコモンD2はそれなりに枚数が出るため、チェンジより優先する必要はありません。
おおよそ最後に押し付けられる1枚はワルスラSでしょう、他の色になってくれればラッキー程度。

1-3 メガヒット
メガヒット、ジプシーエナジー、PMOMY、スパークC、ニコラス、リロードC、マンドレイカー、ズンドコ
メガヒットはチェンジ元にもなれ、サイズも十分。除去効果は赤緑というカラーではコストが重く使いにくいですが、ブリキンもあるこのデッキに噛み合っています。
次の巡目で白か緑は拾えそうなため、先ほどまでのパックと合わせて白緑ベースの方向性を視野に入れます。

1-4 ダママ
Uナーギ、Uナーギ、メタルワルスラ、ジプシーエナジー、ダママ、コステロ、マンドレイカー
ここで強カードのUナーギ2枚が流れてきたことで青黒のベースが安いことが判明します。しかし、現在の方向からは180°違うピックになってしまい、先ほどブレインタッチを流したのも気にかかる。このパックを見ていることから、下2人のうちどちらかは青黒路線を取るだろうと判断しました。
ダママは弱いカードですが、明確に色主張をするために選択しました。

1-5 アクミ
ブリキン将軍、ンババ、ヘビーポップ、アクミ、トラップC、ヴィロプレトス、Kフック、ドレミレード、ミテトル、ワルスラS
ここで最初のパックが一周して帰ってきました。このパックが最も考える量に対して時間が短く、勝負所といえます。
おおよそ予想通りのカードが返ってきましたが、トラップCが消えたことがとても気掛かり。
白緑を濃くいこうと考えているプレイヤーがいるなら、赤を濃く取っていくことも視野にいれないといけません。
ヴィロプレトスは弱くはないものの、今後のパックでの色替えを視野に入れて多色かつカードパワーの高いアクミを取りました。

1-6 ルロックJ
ンババ、養成所、ブレインタッチ、メタルワルスラ、ルロックJ、コライオン、カンバY、獅子王の紋章、ワルスラS
パックが弱めとはいえこの巡目でコライオン、獅子王の紋章が消えるのは異常事態。卓の白緑人気が伺えるため、ブレインタッチを取っておくのが正解だったと思います。しかしコライオンが消えたことに気付いてないですね!この巡目では10秒でピックするため、対応が間に合わず失敗してしまいました。

1-7 マンドレイカー
メガヒット、ジプシーエナジー、PMOMY、スパークC、ニコラス、リロードC、マンドレイカー、ズンドコ
ズンドコは通常構築でこそ使えるカードですが、デッキが30枚のブードラにおいては強制効果でデッキがすぐ切れてしまう困りものです。ゲーム後半のブーストは無駄アクションになりがちなのも欠点ですね。
多色受けのできるリロードCが正解だったと思います。

1-8 コステロ
Uナーギ、Uナーギ、メタルワルスラ、ジプシーエナジー、ダママ、コステロ、マンドレイカー
青を避けるピックをしてきましたが、それが裏目に出た形に。Uナーギは青黒ベースのデッキでは非常に強力なカードであり、ここまで安く拾えるのであればもっとそっちの方向にピックしていたかった……。2枚被りのパックが4巡目まで見えなかったのが残念です。
デッキの安定化のために赤をピック。

1-9 Kフック
ブリキン将軍、ンババ、ヘビーポップ、アクミ、トラップC、ヴィロプレトス、Kフック、ドレミレード、ミテトル、ワルスラS
9手目に拾うには悪くないカードが回ってきました。どうやっても押し付けられるカードが出てくる中で、そこそこ強いカードが流れてくると嬉しいです。

1-10 ワルスラS
ンババ、養成所、ブレインタッチ、メタルワルスラ、ルロックJ、コライオン、カンバY、獅子王の紋章、ワルスラS
仕方なし。明らかに弱く、このプールで青が弱そうに見える原因の一枚と言われています。


1パック目
ブリキン将軍、ンババ、メガヒット、ダママ、アクミ、ルロックJ、マンドレイカー、コステロ、Kフック、ワルスラS
1パック目は赤白緑を中心としたチェンジデッキになりそうな感じになりました。
圧倒的に強い基盤があるわけでは無いので、次のパックでしっかり強いシナジーを埋めていきたいところ。
ビートダウンデッキになりそうなのでしっかり小型とチェンジを確保していきたい。



〇2パック目
2-1 カツえもん
ジーン、カツえもん、近未来シティ、ハムカツ剣、ブレインタッチ、ボーダーメロン、ヴィロプレトス、ニコラス、リロードC、ワルスラ研究所
強い大型チェンジのジーンが出るものの、今までの方向性からチェンジ元が居ない。しっかりデッキを強くしていけるカツえもんから確保、これで小型チェンジが2枚になりチェンジビートダウンの基礎がしっかりしてきます。

2-2 ベルファーレ
ベルファーレ、ヒトヤミィ、チキチキ、トラップC、ボーダーメロン、Kフック、ルロックJ、リロードC、アザラシー
白の大型チェンジで効果も強力なベルファーレをピック。ンババと合わせて強烈なビートダウンが狙えます。

2-3 ヴィロプレトス
ラフデジア、アクミ、ヴィロプレトス、族長の霊弓、サベージ、アリーナカモーネ、アザラシー、死亡遊戯
シンプルにデカいカードはドラフトでは有用です。
少し遅いのが気になりますが、ヴィロプレトスはビートデッキのマナカーブの頂点に一枚あると嬉しいです。

2-4 アリゲー
アリゲー、チキチキ、メガツインターボ、メガデストロイ、ゲール、コライオン、ズンドコ
パックのカードが全体的に弱め。ブロッカーでの盤面膠着が起こりにくい今弾ではツインターボはそこまで強いカードではなく、3パック目のレジェンドに期待してアリゲーをピック。

2-5 近未来シティ
ジーン、カツえもん、近未来シティ、ハムカツ剣、ブレインタッチ、ボーダーメロン、ヴィロプレトス、ニコラス、リロードC、ワルスラ研究所
D2フィールドの中でもビートダウンとよく噛み合う近未来シティを拾えてラッキー。
これを張りながらチェンジでアタックしていくと、除去が少ないこの環境ではとても止まりづらいです。
D2はデッキに2~3枚程度が理想で、この巡目で1枚確保できていると安心です。

2-6 ルロックJ
ベルファーレ、ヒトヤミィ、チキチキ、トラップC、ボーダーメロン、Kフック、ルロックJ、リロードC、アザラシー
ビートにかみ合いンババのチェンジ元になれるルロックJをピック。

2-7 アリーナカモーネ
ラフデジア、アクミ、ヴィロプレトス、族長の霊弓、サベージ、アリーナカモーネ、アザラシー、死亡遊戯
ここも欲しいものがあまりないパックで、色合わせ兼D2枠でアリーナカモーネをピック。
めっちゃ弱いんですけど、相手のD2を張り替えるって効果としてはズンドコより1マナ軽いです。

2-8 ズンドコ
アリゲー、チキチキ、メガツインターボ、メガデストロイ、ゲール、コライオン、ズンドコ
メガデストロイはとにかく重く、まともに場に出せるケースはレアでした。出しても不確定な除去は盤面に強烈な影響を与えるわけではなく、1ドローがついてるくらいの認識。機能し始めると強制効果のためデッキアウトしそうになるという問題点の多いクリーチャーです。張り替え用のズンドコをピック。

2-9 ブレインタッチ
ジーン、カツえもん、近未来シティ、ハムカツ剣、ブレインタッチ、ボーダーメロン、ヴィロプレトス、ニコラス、リロードC、ワルスラ研究所
張り替え用のD2は十分枚数確保できたため、サイドカラーを使いやすくなるブレインタッチをピック。
多色タップインでのテンポロスはそこまで気にしすぎる必要はないです。

2-10 アザラシー
ベルファーレ、ヒトヤミィ、チキチキ、トラップC、ボーダーメロン、Kフック、ルロックJ、リロードC、アザラシー
だいたい回ってくる枠。同じ弾同じレアリティに上位互換入れるのはどうかと思う、どっちも弱いし。


2パック目
カツえもん、ベルファーレ、ヴィロプレトス、アリゲー、近未来シティ、ルロックJ、アリーナカモーネ、ズンドコ、ブレインタッチ、アザラシー
D2も確保できたし、あとはパワーカードでデッキにアクセントをつけたい仕上がりに。



〇3パック目
3-1 プチョ
プチョ、ベルファーレ、グレイブヤード、シド、バグ丸、サザンジ、ジプシーエナジー、フユゲシッキ、マーキン、コライオン
報われたー!一番求めていたパワーカードがデッキに入って一安心。
パックは強いカードがいっぱいあり、2巡目にも期待が持てます。

3-2 ハムカツ剣
スットバース、ハムカツ剣、Uナーギ、トラップC、フユゲシッキ、ゴーストタッチ、ワルスラ研究所、甘味の超人、死亡遊戯
ンババ、カツえもんに繋がるナイスカード。チェンジとの相性の良さが抜群で、先攻で出して即チェンジするとほぼ勝ちます。
最後の一押しにも使えて、チェンジビートなら1枚は確保しておきたかったのでとても有難かった。

3-3 タマネギル
タマネギル、バグ丸、カレッチ、シチリア、ペカリャン、鮫アンドシー、マーキン、ヘブンズフォース
小型チェンジをさらに厚く取れ、完成度が高くなっていきます。
除去効果はこのデッキではコストが重くてあまり使えないでしょうが、チェンジ持ちというだけで点数が跳ね上がります。

3-4 モンローウォーク
ブレインタッチ、シチリア、モンローウォーク、コステロ、アリーナカモーネ、ゲール7号、メテオ
パックに赤が多く返しの巡目で拾えると考えると、白でトリガーもついているモンローウォークを優先して取りました。
カードとしてはシチリアの方が強いものの、3パック目になるとデッキの安定性を考えて足りないものを取っていきます。

3-5 コライオン
プチョ、ベルファーレ、グレイブヤード、シド、バグ丸、サザンジ、ジプシーエナジー、フユゲシッキ、マーキン、コライオン
グレイブヤードも欲しいものの、ンババプチョといったパワーカードにアクセスしていけるコライオンをピック。

3-6 トラップC
スットバース、ハムカツ剣、Uナーギ、トラップC、フユゲシッキ、ゴーストタッチ、ワルスラ研究所、甘味の超人、死亡遊戯
スットバースもかなりカードパワーが高く欲しいものの、デッキの安定性を求めて多色カードであるトラップCをピック。
甘味の超人はアントワネットとのコンボを含めて見てもほんと弱いです、コモンなのに5マナ6000Wブレイカーのヴィロプレトスを見習って下さい。

3-7 マーキン
タマネギル、バグ丸、カレッチ、シチリア、ペカリャン、鮫アンドシー、マーキン、ヘブンズフォース
次のパックで赤を拾う可能性が高いため、シチリアを見送ってマーキンを選択。
パワーがなぜか2500あるおかげで2マナ同士のにらみ合いに強いのがちょっと嬉しいカード。

3-8 シチリア
ブレインタッチ、シチリア、モンローウォーク、コステロ、アリーナカモーネ、ゲール7号、メテオ
予想外にシチリアが帰ってきてくれて嬉しい。
D2を一応取るか少し悩んだ素振りが見えますが、シチリアで間違いないです。

3-9 グレイブヤード
プチョ、ベルファーレ、グレイブヤード、シド、バグ丸、サザンジ、ジプシーエナジー、フユゲシッキ、マーキン、コライオン
めっちゃ強いD2がここまで流れてきて戸惑います。メインカラーの枚数は十分取れたし、うっかり張れたら強いグレイブヤードをピック。

3-10 死亡遊戯
スットバース、ハムカツ剣、Uナーギ、トラップC、フユゲシッキ、ゴーストタッチ、ワルスラ研究所、甘味の超人、死亡遊戯
はい。まあみんな取らないよね。
色合わせに使えるカードなので良しとします。


3パック目
プチョ、ハムカツ剣、タマネギル、モンローウォーク、コライオン、トラップC、マーキン、シチリア、グレイブヤード、死亡遊戯
プチョを取れたおかげでデッキがかなり強そうになりました。
チェンジも小型、大型がバランスよく取れていてしっかり動いていけそうです。



最終的なデッキがこちら。
1stdo.jpg
赤白緑をベースにチェンジでゴリゴリ押していくデッキになりました。
いい感じのデッキになったしこれは軽く3-0してしまうなぁ!


→→→→→→→→→→→→1-2。現実は非情である。動画

1戦目
2ターン目からしっかりクリーチャーを展開し、タップキルにチェンジを絡めてボードの優位を築く。
さらに近未来シティも張って一方的なビートダウンを仕掛け、返し札も無く勝利。
革命チェンジビートダウンの本領発揮だね!


2戦目
序盤に上手くクリーチャーを展開できず、パワーラインが高いカードで相手のアタックを牽制し時間を稼ぐ。
6マナまで貯めてブリキン将軍素出しから見つけてきたのはプチョヘンザ!
相手もジーンを出してくるが、プチョヘンザを返せるカードはそうそうねえよなぁ!?
一応ブレインタッチを打つと、ハンデスしたのはデモンカヅラ。危なかった……あれ残ってたらプチョ返されてたわ……。
ブリキンからプチョにチェンジして一気に攻め立てると、返しのターンで出てきたのはUナーギ。プチョがバウンスされてしまう。さらに出てきたのはラフデジア、墓地からデモンカヅラ回収。まずい、プチョを出し直しても破壊される!!!
いったんブリキンとマーキンを立てて致死打点を揃え、デモンカヅラを消費してもらうプランを取る。
希望を託してプレイした2体だったが、潤沢な手札からは除去がどんどん撃ち込まれ、逆に攻め込まれる。
トリガーは無く、精一杯盤面を返すも十分量の打点を並べられて負け。
終わった後聞いたらデモンカヅラとクエスチョンが入ったスーパーデッキだった!相手も上手かった!


3戦目
今回も序盤にクリーチャーを展開できず、盤面を維持しながら様子を見る展開。
攻めのきっかけがないタイミングで相手がチキチキ+スットバースというジェットストリームアタックを仕掛けてくる。
盾から来たのはプチョヘンザ!場にアリゲーがいたので殴り返しながらプチョにチェンジという最強ムーブ。
プチョが出たターンには自分の場も空になるため、殴り返しながらチェンジしてリソースを与えず、出てきたものをタップキルしながらクリーチャーを再展開というのが理想のパターンです。
それが決まったしこりゃ勝ったなとほくそ笑んでいると、相手が8マナタップしてくる。……ん?バスター……だと……?
こちらのマナは7枚、アンタップで出てきたバスターにプチョがしばかれる。こんなのって無いよ――
なんとか凌ごうとするも一向にバスターが除去できず、そのまま殴りきられて負け。
終わった後聞いたらバスターとプチョ(銀シク)まで入ったアルティメットスーパーデッキだった!マジでマジかよ!!!!


というわけであっさり1-2して悲しかったものの、セカンドドラフトでは3-0して決勝ドラフトに滑り込み、強敵鮭くれーぷさんを倒してベスト8に進んだところで練習を共にした某もこうとぶつかり、デッキは最高の出来だったがうまく回らず負けて終了。練習メンバーから某もこうとべるの二人が決勝ドラフトの4席に残るも、決勝でべるが負けてしまい準優勝という結果でした。
懐かしいね!ドラフトCSはほんと新鮮なことばっかりでとても楽しかったです。
え?明日第2回のドラフトCSが大阪で開かれるんだって?これは行かなきゃな!
というわけで今回もみんなで乗り込みます。めっちゃ楽しみで夜しか眠れません。
頑張ってきます(^◇^)



スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
004の第10回新倉敷CS☆4位☆レポート
新着
トップページ(連絡用)
クソデッキ開発部OMG
GP4thに参加したので冬アニメレビュー書きましたby004
【Shadowverse】ぼたもち杯
3軸カツ剣ベアフガンの解説とレジェンドCS
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

発岡勢

Author:発岡勢
Okayama F/F
相互リンク募集

QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ