スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

004

第3回新倉敷CSれぽby004

こんにちは、カードショップ若院所属プロプレイヤーの004です。
新倉敷CSに参加したので、レポを書きました。
○デッキ選択
新殿堂適用後の環境はバイク(レッドゾーン)が支配デッキとして圧倒的なシェアを誇り、バイクに対抗できて地力の高いデッドゾーンが続きます。そして一段下にNEXT、サンマッド、ビッグマナ系、ヘルボロフが続くと考えました。
中心となるバイクは平均した動きのパワーが高く、さらに先攻トップギア→レッド侵略の動きはほんとにあっさり勝ってしまいます。1byeです。
言ってしまえば進化元バイクと進化先バイクの2枚コンボであり、とても安定しているために非常に使用者が多く、バイク対策が薄いデッキで勝ち残るのは困難です。
ほとんどのバイクがクロックやホーリー等の1ターンストップさせるトリガーを採用しており、高いワンショット性能とワンショット耐性を併せ持っています。

バイク対策として挙げられるのは、
・ハンデス
・コストの軽い踏み倒しメタ(マグナム、エンターテイナー)
・アタックの妨害(その子供、マリエル)
・序盤の除去(学校男、トリガー除去)
・トリガーによる時間稼ぎ(調和と繁栄の罠、スパーク系)
・シノビによる防御(ハヤブサ、ゼロカゲ、オロチ)

こういった要素を自然に取り込めるデッキを構築する必要があります。
デッドゾーン→勝利ガイアールからサイコ、デッドでハンデスと除去/シノビと、リバイヴによる使い回し
サンマッド→その子供による妨害と、それによって得た1ターンで殴り勝てる構成/オチャッピィからのカウンター性能
ビッグマナ系→罠とサイクリカによる遅延
これらのデッキは「デッキに4投されるキーカードとバイク対策が噛み合っている」という特徴があります。

一方、最近のバイクは静岡CSで広まったバイケンの採用により、ハンデスによる妨害を逆に利用しシャットアウト、勇愛とのコンボで安定性とトリガーの水増しをしています。これにより、ヘルボロフのような妨害をハンデスに依存したデッキは勝ちきれず、デッドゾーンも有利がついているとは言い切れない状態になりました。

新倉敷CSは全て1本勝負で予選5回戦、決勝トーナメント5回戦のため、ブン回りのバイクにも勝ち目があり事故率が低くデッキパワーが高いものを選択する必要がありました。
直近の結果からもバイク、デッドゾーンが多く、その二つに優位が取れるデッキが良いなーと思いました。
選ばれたのは、黒バイでした。

赤黒レッドゾーン
reddo.jpg

なぐゆーさんやえじまくんが使っていたものを参考にさせてもらいました。
環境として強いトリッパーに注目した構築で、トップギアが8枚入っているような感覚です。
バイクまでの繋ぎとしてギア4、トリッパー4、勇愛3の11枚があり、事故を緩和しつつ初動の展開負けがありません。
マナ域のトップはリバイヴホールで、除去されたり封印から落ちたカードを回収しながら勝利ガイアールが出せます。




以上のように、黒を取ることでデッキパワーを保ったまま初動が厚くなりミラーマッチ、デッドゾーン、ビッグマナ系に強い構築になりました。
バイケンバイクも候補だったのですが、バイケン自体のカードパワーの低さから一度ネタが割れてしまった以上プレイでケアされてしまい、噛み合い次第でしか活かせないと判断しました。
デッドゾーンはライフを引く+盾にブーストが埋まっていないとバイクに勝ちきれず、NEXTのように非常に苦手な相手がいる点で使用を見送り。勝ち越したいだけならデッドゾーンが丸いですが、優勝はできないと思いました。
その他のデッキはバイクとデッドゾーン同時に優位を付けられず、全10回戦を勝ちきれそうなものを見付けられませんでした。


○実際の結果は!?
実はキャンセル待ちだったので出れるか怪しかったのですが、なんとか定員に滑り込んで出場。


1回戦 モルトNEXT 後手 ×
次元を見てNEXTならモルト覇入りと判断。初手でボーラスを置いたため、トリガー枚数はかなり抑えてあるジャックポット型と読む。2ターン目にはライフを置いてライフ。3ターン目動きなし。
こちらは2ターンギアには成功したものの、4コスバイクいっぱいとZが1枚のみというハンド。とりあえずバイクを出して殴るかどうかの判断。ここまでの見え方からボルシャックドギラゴンは無さそうで、警戒すべきはバトクロスとトリガーライフ。
殴った場合→ライフを踏む、ジャックポットでNEXTつっぱノートリが負け筋 バトクロスは無視できる
殴らなかった場合→ミツルギがあると次のターン攻めれずジャックポットもNEXTも間に合う ミツルギ無しにしてもトップでZかレッゾを引けないとバトクロスがケアできない
2枚ライフ見えてるし、ミツルギ引いてないってのも楽観的すぎるのでZ乗せてアタック。ここでライフを踏んでしまい、ジャックポットからNEXTで突っ張られてトリガー無く負け。悔しい(*_*)


2回戦 青黒緑デッドゾーン 後手 ○
PALUくん。互いに髪伸びたねーなんて言いながら始めると相手ライフ引くも緑が無いらしく、こちらは悠々とギアトリッパースタート。そのままターボ3パンチもライフ踏まず、エンドって言ったらトリッパーーーーーって言いながら4マナで何もできず。最後ライフ踏んだらおせえよーーーーーーだってさ。
学校男とか入ってる面白い構築だった、トリッパー刺さって一方的だったけど学校ってアプローチは斬新だった。


3回戦 青緑サソリス 先手 ×
Bくん。次元のボアロ見てイメンかなーと思うも、レッドゥルホワイティホワイティとあるからなんかサソリスっぽいね~とか言いながらデュエルスタート。
なんか相手のデッキがよく分からんながらギア→レッドZ決めるも、ライフ吸い込むでギアバウンスされる。
ここでギア出し直ししかできず、盤面がZのみで殴るか迷う。相手が5マナ、ハンドに堀師の銀とオチャッピィあるの分かってて、相手が何してくるのか読めず、盤面の2体はどっちか残るだろうとエンド。とトップで引いたBくん、ニッコニコしながらオチャッピィに1マナで進化ギョギョウ!
gyogyo.jpg
■進化―自分の自然のクリーチャー1体の上に置く。
■W・ブレイカー
■相手のクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのクリーチャーのコスト以下の、自然の進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
■革命2―自分のシールドが2つ以下なら、このクリーチャーの召喚コストを5少なくする。

これ若院で150円で置いてあるやつだ!!!

エリア戦の時使おうとしたなーとかいろいろ考えながら、死期が近いことを悟る。なるほど、侵略したら全部堀師の銀でマナに帰らされるのねー。
リバイヴホール引いて、キルタッチャで何とか誤魔化そうとするも相手の盤面が並ぶ。
不用意にサソリスでアタックしてくれたからここでジュエルなら勝ち!ってとこでも何もこず、ボアロパゴス作られてハンドにオチャ用意されて、トップがクリーチャーじゃないことを祈って禁断解放で一旦場を消すもあえなく撃沈。
イメン系のデッキには触ってなくて、ギョギョウの可能性を考慮出来なかったのがほんとに悔しい。してやられた。

このデッキです。良いデッキだと思ったんだけど、バイク以外にどうなんだろう?僕の中で今回の一番アツいデッキでした。


4回戦 赤黒墓地デッドゾーン 後手 ○
最初は普通の青黒緑かと思ったけど、どうもマナセットが地味というか黒1色。確か特攻人形打たれたとこで黒単と認識、ギアバイクするもハンドのターボ3をどう使うか悩む。ファンタズムクラッチは警戒したいけど他のハンドも弱く、初手でデッドゾーン置いたから溜めても続かずに5マナホールから盤面崩壊させられそうだし勇気のターボパンチ。これが通って、あとは押し切って勝ち。
なんとGTクロスとかも入った、墓地デッドゾーンだったらしいです。純粋にこういう型は考えたことが無かったので、面白いなーと思いました。
とはいえライフが無い型は先に動かれると返すのがしんどそうで、僕も黒単を諦めたのは速度が間に合わず相手を遅らせるにはバイケンがしんどい、という部分なのでなかなか難しいです。


5回戦 赤緑サンマッド 先手 ×
第8回岡山CS午後の部優勝のさいとうさんでした。名前コロコロ変わって覚えづらい#
相手サンマッドの次元で、いやー先手で良かったと見たら初手ジュエルジュエルリバイヴリバイヴZ。マジで勘弁してくれと思いながらもとりあえずジュエル2連続セットしてたら相手はサンマッドで確定。レッドゾーンザレッドと引いてきて、内心ドキドキしつつ「緑引かねー」って顔しながらリバイヴセットエンドしたらほんとにオールデリートかなんかだと勘違いしてくれて、ハヤブサセットしつつ未来設計図で青銅持ってくる。
4ターン目にトリッパー引いておせえよ!ってなりながらもザレッドZで殴ると「ほんまにバイク!?騙された、ハヤブサ置いちゃったよ!」。騙してないよ、俺悪くない。返しに子供を出される。
サンマッド2枚見えてるのがとても不吉で、子供のせいでZは残り盾2枚にアタックするのが確定。リバイヴからリュウセイ出すか、キルタッチャ出すか悩む。さっきのターンにこなかったので相手にオチャは無く、マナセットからボルシャックホールがあると想定。
勝利リュウセイ出したら相手をマナ5で縛れるけどボルホジョンタッチャで子供盾ブレイク→ジョンで盾アタックしながらサンマ2体侵略で盤面を流されつつ安全に3枚ブレイクを通され、返しに子供が退かせないからこちらのSAが通らない=最初の1枚に勇愛or2枚にジュエルなら勝ち。
キルタッチャ出したら相手はタッチャがどうやっても退かせないから青銅青銅サンマ侵略とかで殴るしかない=最初の3枚に勇愛or5枚のどこかにジュエルで勝ち。
どっちのルート取ってもトリガー頼みになって、既にジュエルも勇愛も見せている以上、より勝ちの目が大きいキルタッチャルートを取る。願い届かずノートリで負け。


結果、2-3予選落ち
デッキ選択は良かったと思うけど、ギョギョウにしてやられたのが一番悔しいなー。ああいうクソカードは網羅してるつもりだったけどまだまだ精進が足りませんでした。大会後はぱなきちさん、kroyさん、たっちゃんさんと4人でブードラしました。ベガスダラー当てなきゃ負けるってとこで5捲って全バウンスで勝ったり、先攻ザレッドガトリングにマジで手も足も出ずに潰されたり、めちゃくちゃ笑いながらデュエルしました。ブードラの昔懐かしいデュエマ感はほんと良いっすね、今度のheavens diceCSも行こうと思います。

あと今週末に東北の南三陸で開催されるモアイ杯にも運営手伝いとして行こうと思います。ガンスリ役の大人も募集しているので、当日に会場に来てみても大丈夫です。
ジャッジ試験があったり、アカレコCSもあったりと3月は日本中を飛び回る感じで、とても楽しみ!

以上、004でした。





おまけ;禁断のデッキシート事件

スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
シャドウバース姫度ランキング
新着
トップページ(連絡用)
クソデッキ開発部OMG
GP4thに参加したので冬アニメレビュー書きましたby004
【Shadowverse】ぼたもち杯
3軸カツ剣ベアフガンの解説とレジェンドCS
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

発岡勢

Author:発岡勢
Okayama F/F
相互リンク募集

QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。