スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

004

対戦相手の手札が不当に多いとき、どうするべきか by004

こんばんは。
色々と書きたい記事はあるのですが、CSに出た中で気になった出来事があったのでそれだけ書きます。
今回のテーマは相手の手札枚数がおかしいときどういう行動をとるべきか、です。

先に言っておくと、この記事は対戦相手を批判する目的でも無ければ、運営の判断に文句をつけるものでもありません。
これからこういう事例に出会ったとき、プレイヤーとして、ジャッジとして、どういう処置をするべきか考える機会になればと思い文に起こしています。

※2/6 22:00 追記
・問題の詳細
おやつCSの3人チーム戦に置いて、相手が先攻、自分が後攻でした。
相手は2ターン目にフェアリーライフを撃ってエンド。
こちらは手札に解体人形ジェニーがあり、マナチャージするカードを考える段階で相手の手札が何枚あるかチラッと見ると、全て重ねられた状態で持っており枚数が確認できませんでした。
ライフを撃っただけなので残り3枚のはずだな、と頭の中で判断し、マナチャージのみでエンド。
相手の3ターン目、マナをチャージしオチャッピィを召喚。ここで違和感を覚え、一度デュエルを止めてもらいました。
相手が先攻でライフとオチャッピィを使ったのに、その後の手札が3枚あったのです。
先攻が相手であることを確認して、互いにデュエルが間違った状態であることが認識できたのでジャッジを呼びました。
状態を報告し、ジャッジも手札枚数が多いことを確認しました。
相手はなにか違和感はあったが、手を止めて指摘されて枚数が多いことに気付いたということです。
ジャッジ間での協議の末、対戦相手に警告、時間を延長の上再試合という形に落ち着きました。
再試合では問題が起きることなく無事終わっています。


・対応の考察
参加者としての対応は、今回のように状況を保全した上でジャッジを呼ぶで正しかったと思います。
故意のものでは無いと信じますが、手札を引く行為はデュエル中何度も行うため、ミスが起こりやすいものの裏を返せば不正が起きやすいシーンと言えます。
今回は発見が序盤だったため枚数過多が簡単に確認できましたが、後半になるとデュエルを追っての確認も難しくなります。
僕は不正行為への抑止力としても、手札が不当に多い状況にはデュエルロス相当の重たい処罰があるべきだと思います。多く引いてすぐ気付いて戻せる状況であれば警告だけでも構わないと思いますが、自己申告も無く手札が不当に多い状態で何ターンかプレイが続いた場合、その1枚の差は非常に大きな影響力を持ちます。
今回も僕が指摘しなければそのままデュエルは続行し、気付かないまま終了の可能性もありました。

簡単な基準として、「不正なカード操作があったときにバレにくいか」が良いと思います。
バトルゾーンにこっそり気づかれないようミストリエスを召喚するのは難しいことですが、手札がいっぱいあるときに2枚ドローして素早く手札をシャカパチされるとなかなか気づきにくいですよね。
手札は非公開領域で単純にチェックできる人間が1人少ないので、不正や誤りが起こりやすい領域と言えます。
間違いが起こりやすいのならば厳罰化によって自己チェックを厳しくさせれば良いです。

プレイヤーとしてはミスに気付いたらすぐに手を止めジャッジを呼ぶこと。
間違えて多く引いてしまってデュエルロスを受けるのは何ら恥ではありません。間違いを隠そうとした瞬間に不正になるのです。
互いに全力を出し切ってデュエルするために、間違いが無いか常にチェックしておきたいものです。
また、ジャッジの判断はそのCSにおいて絶対です。間違った裁定や判断が下されることはありますが、ヘッドジャッジが下す判断は最終判断であるので、CSに参加する以上従う必要があります。

ジャッジは問題が起きた時には難しい判断を下すことになりますが、最終判断と責任を持つのはヘッドジャッジです。デュエルロスを出すのは勇気がいりますが、感情に流されず公平なCSを開くことがあなたの仕事です。一度運営間でもこういったケースにどんな処置を下すのか、考えてみて下さい。



さて、改めて言っておくとこの記事は対戦相手を批判する目的でも無ければ、運営の判断に文句をつけるものでもありません。
この楽しいCSという文化がますます発展していくことを願っています。

以上、004でした。


追記
おやつCS運営の方から説明の連絡を頂きました。
”ジャッジ間の協議に加えて、公式に電話確認をして、再試合の裁定をいただいている”、”再試合が運営側の勝手な判断ではなく、公式からの回答”ということです。
僕は今回のジャッジの判断に納得した上で試合を続けましたし、再試合という裁定も一つの考え方としてあって良いと思います。
運営の判断にミスがあった、というように解釈をしないようよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
デュエルマスターズコラム 最強デッキ研究所(β版)第一回「ルネサンスを使ってデッキを作ろう」
新着
トップページ(連絡用)
クソデッキ開発部OMG
GP4thに参加したので冬アニメレビュー書きましたby004
【Shadowverse】ぼたもち杯
3軸カツ剣ベアフガンの解説とレジェンドCS
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし
> 非公開コメントさん
コメントありがとうございます。
ジャッジも常に一つの対戦を見れるわけではないので、やはりプレイヤーが互いにきちんと確認しあいながら進めていくことに落ち着きますね。
運営側としても、出来る限り間違いが起きないよう注意喚起は徹底していきます。
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

発岡勢

Author:発岡勢
Okayama F/F
相互リンク募集

QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。