スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やも

ブリックスCSレポやも

お久しぶりです。やもです。ブリックスCS行ってきました。
バショーが下書き保存してたので俺も書かないとなーとか思いながらキーボード叩いてます。
【DMの話】

今回はチーム戦。メルゲ以外には勝率が安定して取れる赤緑ギフトを3人とも握りました。
握った理由について、動きがとにかく安定していて勝ち筋が多い(この動きができれば勝てると言えるパターンがどのデッキタイプにも複数個用意されている)というのが一番です。

詳しいレシピ解説は後にして、まずは各試合について簡単にレポートしていきます。

■予選1戦目 vs黒バキ ×

こちら先攻、1t目ポレゴン置いてエンド。相手は覇を埋めて終了。ここで次元が無かったことや相手の思考時間を見てブラスターと決め打ち。2t目こちらカモン埋めてギフトマグナム。ポレゴンと合わせて2パン。1枚目でSTライフ。
返しに相手お清め1ブースト。ここでバキと気づくが黒はまだ見えない。こちらポレゴン設置マグナム1パンエンド。相手エンフォジェネレート。返しこちらマグナム追加で2パン、盾0に。
ここで相手が黒を埋めてファンク召喚。無警戒だったため対処できず、父も引かず。何も出来ずターンを返したらファンク追加されここでほぼ詰み。2t後に父引いてN出してギフトイダを狙うも引けず返しにフィニッシュ。


■予選2戦目 vs黒メルゲ ○

こちら後攻、初手でメルゲと分かったが初動ブレイズ。返しのシンカイタイフーンに無償で潰されるもこちらタイガで1パン。3tゴーゴンでギフト腐らされる。その後も相手のマナが青2のまま止まったため2000ライン3体でごり押し。細かい計算はせずに全ツッパ。最後はトップマグナム投げてその分打点足りて勝利。返しにループ入って確殺されていたが、想定どおり。

■予選3戦目 vsシータバキ ×

こちらの動きがヌルくお話にならなかった。容易に永遠間に合わされバキできっちり殴りきられた。ワンチャンなし。

・予選結果
個人1-2チーム2-1 Cブロック1位通過


■決勝トーナメント1回戦 シータバキ ○○

お相手メンフィスさん。
・1戦目
こちら先攻、ポレゴンスタート


あーーーーーもう内容覚えてないです!
予選の試合は負けが悔しくて何回も別パターンでシミュレートしてたから内容覚えてるけど覚えてない試合は何出したとか細かいところは覚えてないっす。ごめんなさい。
メンフィスさん戦は1戦目は3tギフトが通って吸い込む踏むもその返しに殴りきれる場作ってて勝利。
2戦目も先攻で相手がミツルギ加えたの見えてたからカモン出せるところで2000ライン作って盾1にして、返し相手6コストでヒーロー来て壊滅、その返しにカモンリュウセイして手にイダ構えてたからSTなければ勝ち確ってところまで予想してて実際想定どおりでST無くて勝ち。
細かい動き覚えてなくてスイマセン!マッチになると覚えきれないよね。

こっからダイジェスト風のレポになります。


■2回戦 黒メルゲ ×○×

お相手はふらんさん。
1戦目後攻でそこそこいい動きだったけど次確殺できるところで相手の先攻メルゲカーペンターカーペンターの最速ループ浴びて完敗。
2戦目先攻で相手シンカイタイフーンスタートだったけどジャスキルできて勝ち。
3戦目後攻で1戦目をそのまま繰り返しているようだった。

チームはここで敗退。

■3位決定戦 赤緑ギフト ○○

お相手HARU君。
1戦目先にマグナム絡めてビートするもマグナム込みで相殺に持っていかれてジリ貧に。しかし相手がビートしてくれたため盾アド差生かして制圧し安全にフィニッシュ。
2戦目相手コダマスタートでこちらが捌く形に。ジリ貧になりかけたところでボル穴が相手のマグナム焼きながらアド取ることに成功、そこから物量で制圧して勝利。


■結果
そんな感じで3位でした。
メルゲ3人固めはほぼ切りの構築だったのですが、それ以外は順当に想定どおり勝てたと思います。
勝率は5割です(キリッ

■レシピ解説

赤緑ギフトです。

2【凶戦士ブレイズ・クロー】
3【冒険妖精ポレゴン】

4【斬斬人形コダマンマ】
4【無頼勇騎タイガ】

3【天真妖精オチャッピィ】
2【青銅の鎧】

4【早撃人形マグナム】

4【カモン・ピッピー】
3【超次元ボルシャック・ホール】
2【超次元シューティング・ホール】
1【次元流の豪力】
1【大神秘イダ】

4【フェアリー・ギフト】
3【父なる大地】

(次元:不死身入りテンプレ)

コスト帯をかなり重視したレシピとなっています。以下各コスト帯の解説です。

・1コスト帯
初動5枚。この5枚というのが今回の構築の意識した点で、普段から手札補充の無いビートを組む時に5枚を意識して組むことが多いです。先攻で初手に絡む確率が丁度5割です。5割は相手の対策が一番困難な数字と言えますね。
このデッキ、役割の被っている札を合計5枚採っている部分が数箇所あります。
5枚構築で行くとポレゴン4ブレイズ1が安定でしたが、ビッグマナへの初動を気持ち厚くしたかったためブレイズに1枠割いています。結果的にメルゲに役割を持てずイマイチで、裏目も引きました。試行回数とメタ読みが不足していたと思います。

・2コスト帯
ガン積み。前日までタイガが1枚源氏でしたが、2コストを引けないとそのまま負けにつながるためフル投入しました。環境的にコダマがバキとドロマーに対してしか強くなく微妙感はありましたが1コストで動けていた場合の2コスト域として決してヌルい手ではなく、後続が生きるため強かったです。

・3コスト帯
青銅2オチャ3の5枚構築です。5枚にした理由は1コスト帯とは違い、6枚だと嵩張ったという理由だけです。オチャの方が多い理由はそちらの方がほしい場面が多かったためです。思ったよりも2tギフトマグナムで動く試合が多く、そのケアにはオチャでも何ら問題は無く、普通にコダマ展開する場面でも青銅よりオチャの方が期待値的に有意に立てたためオチャを増やしています。青銅の方がほしい場面はタイガスタートでオチャが腐る場面のみです。ただオチャ4だと流石に腐る場面が多かったためオチャ3になっています。

・4コスト帯
マグナムを4コストで投げることは多かったです。父なるを3枠採っているため同速相手にもとりあえず設置していても問題は無い万能カードでした。3000ラインが環境的に優秀で、4積み確定のカードでした。

・5コスト帯
個人的に5コスト帯に集める構築が好きというのはありますが、他の2人に比べるとイダの枚数が減っていることが分かります。環境的に3000ラインが強いことは明確だったため同系や高速デッキに対してのボル穴採用、対ファンク以外にあまり役割が持てず1度投げるとリカバーが必要なイダで嵩張らせるのは怖かったため1枚となっています。
後のカモンとミランダは言わずもがな。

・残り
ギフトは、その動きにあまり重きを置いていないので減らすワンチャンでしたがやはり勝ち筋の一つなので減らす選択肢はありませんでした。
父なる大地はテンプレでは2ですがどのデッキタイプにも役割が持て、またマグナム4投構築なため3枚は確定でした。
唯一のST除去ですが、2枚と3枚だとSTしてくれる確率が体感でだいぶ変わります。体感ですけど。
4投も見えましたが1コスト2コストばら撒いて後続つながらないのが怖かったためこれ以上は増やせませんでした。



こんな感じで、たまにはデッキレシピ解説でもといった具合につらつらと書いてみましたが、既にこのデッキは殿堂対応ではありません!
一応「どうしてこの枚数に至ったのか」という考えに焦点を当てて書いているつもりなので、今後の構築段階のヒントになれば幸いです。

それでは。
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
第二回ブリックスCSレポ バショー
新着
トップページ(連絡用)
クソデッキ開発部OMG
GP4thに参加したので冬アニメレビュー書きましたby004
【Shadowverse】ぼたもち杯
3軸カツ剣ベアフガンの解説とレジェンドCS
Comment
TrackBack
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

発岡勢

Author:発岡勢
Okayama F/F
相互リンク募集

QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。