スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積み木

第2回岡山CSお疲れ様でした!(積み木)

積み木です。
第2回岡山CSに参加しました!

神戸から前日に帰省、実家に置いてあったオンボロチャリにライドしていざ会場へ。
初のCS参加ということで、ほんとに楽しみ過ぎて夜しか眠れませんでしたよ!


▼さて、まずは結果をレポートしていきたいと思います。

今回使用したデッキは【黒緑速攻】です。
考察は後ほど追記にて。

◆予選リーグ
1回戦:後攻 ゴエモンNX○×○
2回戦:先攻 NX○○
3回戦:先攻 赤緑ハンター○○

3勝で1位通過でした。

◆本戦トーナメント
1回戦:後攻 黒緑速攻××
墓地進化で詰みの場面だったので仕方なくバインドを置いたのですが、相手は黒のクリーチャーを全く握っておらず、そのまま押し切られました。
マーチやスライムが来なかったのはありますが、バインドが逆に自分の首を絞めてしまいましたね。
同型は割と切っていたのですが、まさか1回戦目でフルボッコにされるとは><


本戦が1没だったので、サブトーナメントに間に合い、出させていただけることに。
サブはランダムで3人と組むチーム戦、1本勝負でした。
チームは
Takaさん:紅蓮ゾルゲ
芋しょうちゅうさん:黒緑次元
積み木:黒緑速攻 でした。

◆サブトーナメント
個人の結果を記載します。

1回戦:後攻 赤緑速攻○
チームは2-1で勝利。

2回戦:先攻 NX○
チームは3-0で勝利。

この時点で2勝のチームが3チームでしたので総当たりしました。
3回戦:先攻 ゴエモンNX○
チームは2-1で勝利。

2敗のチームが出たのでそのまま決勝です。
決勝:後攻 ゴエモンNX○
チームは2-1で勝利。

結果:優勝!
1BOXを頂きましたので3人で山分けしました。

開封の結果、紙切れが増えたよやったね!

チームを組むことになったTakaさん、芋しょうちゅうさん、ありがとうございました!
頼もしかったよ!

特にこのチーム戦は、予選や本戦で当たらなかったたくさんのプレイヤーと対戦、交流できたので本当に楽しいイベントでした。


というわけで個人戦績としましては、10-3でした。

同型に取れなかったのは悔しいですが今回は仕方ありませんね(迫真)

チーム戦で全勝出来たのと、NXをばったばったとなぎ倒していけたのは嬉しい収穫(歓喜)
とりあえず多少なりとも結果を残せて良かったです!


▼一番の目的
もちろん割と勝てたのもとても嬉しかったのですが、

私は常日ごろから「Twitterやvaultの人達と会ってみたい」と切に願っておりまして、今回その願いが叶う!と歓喜しておりました。

そして当日、対戦した方々、他にも色んな人のところに突っ込んで行ってお名前を聞いたりしていました。

するとみなさん和やかな雰囲気で受け答えて下さる!感謝感激!

Twitterとvaultやってて良かったと心から思えましたね。

たくさんの方々とお会いできましたし、多くの方々と新しく出会うことも出来ました。

CSっていいもんですね。ネットでの繋がりも素晴らしいと思いました。


▼最後に謝辞を。

予選卓のみなさん、実に和やかで賑やかな卓でしたねw
初参加の私にとってはあの卓が最初で良かったです。
ありがとうございました!

広島のみなさん、とっても面白かったですw
次は対戦もぜひお願いしたいですね。
またお会いしましょう!

対戦、交流して下さったみなさん
本当に優しい人ばかりで、コミュ障の私は感動致しました!
またお話、対戦したいです!

運営のみなさん、本当にお疲れさまでした。
準備や進行、大変だったと思いますが、
おかげで楽しく充実した1日になりました。
ありがとうございました!



最後にとか言っておきながらその後に黒緑の考察とレシピを置いておきます。
追記にてー


黒緑速攻(ダルマ型)

孤独の影ロンリー・ウォーカー×4
闇戦士ザビ・クロー×4
緊縛の影バインド・シャドウ×3
ねじれる者ボーン・スライム×2
死神術士デスマーチ×4
鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー×3
停滞の影タイム・トリッパー×2

冒険妖精ポレゴン×4
スナイプ・モスキート×4
ダンディ・ナスオ×1
ジオ・ナスオ×2
密林の総督ハックル・キリンソーヤ×3
雪要塞ダルマンディ×4


■22 ■18
コスト:
1…25枚
2…6枚
3…9枚





今回使用の構築です。
コンセプトとしては同型は捨て気味、NXとハンデスに取れるように、といった具合です。

▼各カード解説

あくまで現環境での考察になります。
( )内は今回の投入枚数です。


■緊縛の影バインド・シャドウ(×3)
今思うと4投安定ですね。

ダルマを想定して動く場合、殴り返されにくいのでタップインはそれほどネックにはなりません。

気兼ねなく1ターン目に出せるカード、すこぶる優秀です。


■ねじれる者ボーン・スライム(×2)
1ターン目、2ターン目に出すと場持ちが悪いのが響きます。

相手のトリガー次第でターン終了時にロンリーが死んだりしますからね。


■鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー(×3)
活躍の場は意外と多かったです。

ドルゲドスが必要な場面が最近は極端に少ないので、軽いこちらで。

ジオナスオからも繋がりやすいですし、並べながらこいつ、といった動きも。


■死神竜凰ドルゲドス(×0)
3コストが増えすぎてしまうので見送り。

相手にブロッカーがいる時に本当に強いのはドルゲドスよりもダルマンディですね。

NX相手にはただの3マナ5000にしかなりませんし、

ハンデス相手には耐えられてしまうとダルマがない場合ミカドガンヴィで一掃されやすいです。


■停滞の影タイム・トリッパー(×2)
今回の戦犯。なぜ投入したし。

NX相手には出しても大抵既に4マナあるので正直あまり刺さらず。

こちらが後攻であれば出す機会は皆無。

ダルマと違い、ST吸い込むで仕事をさせてくれないこともしばしば。

役に立つ場面は確かにありましたが、中途半端に積むくらいなら他に枠をまわしたほうが良いでしょう。

まあ強いて言えばダルマがなかった時の保険のようなイメージです。

今回の場合であればバインドかジオナスに振れば同型にもマシになったかなと。


■ジオ・ナスオ(×2)
墓地を肥やしやすいというのは、デスマーチを出しやすい→同型に強くなるに直結します。

今回は2投でしたが増量推奨です。

多色が落ちると勝ちを失う恐れがあるので、ベルギスとの併用はオススメしません。


■無頼封魔アニマベルギス(×0)
まず多色というのがものすごく迷惑なんですよね。

数を減らせば欲しい時に引けずに腐り、多すぎると事故ったり柔軟な動きが出来なくなります。

投入はジオナスオかベルギス、どちらかを選択する形になるでしょう。

経験ありませんか?
・キリンを出したいのにトップベルギスで出せず。
・1コストを出したいのに色がないので仕方なくベルギスチャージエンド。
・ザンジやハヤブサで分からされる。

以前はスライム→ベルギス→マーチという流れが主流だったので、強かったのですが、

優秀なSTの登場により、並べないうちからバンバン盾割るのは自殺行為です。

踏まなければもちろん勝ちますが、そりゃ運が良かっただけなので、

多少踏んでも勝てるように立ち回らなければ、勝ち続けることは難しいです。


■雪要塞ダルマンディ(×4)
絶対的存在。

同型に強い、NXのノーブル越え、ベルリンやミスターにも強い。

確信を持った上での4投です。




▼並べる脅威
ダルマンディがその真価を発揮するためには、2,3体並べておきたいところ。

3コストが多くなるとその分事故率は上がります。

その点からも並べるのには不向きなcip効果であるドルゲドスやベルギスは減らして、
並べるのに向いているジオナスや1コストを増量すべきと考えます。

黒緑の最大のポイントは今や「速さ」よりも「数」と言えるでしょう。




▼反省点
・2積みはいまいち
欲しい時になくて、いらん時に引きます。

・同型に対して脆い
マーチのためにジオナスオを増やすべきでした。

・タイムトリッパー()


そんな感じです。

今回は自信を持ってこのデッキを握りました。

決して良い成績とは言えませんが、同系に取られたのも含めて納得のいく立ち回りをすることができたと思います。

今なお、かなりの勝率を誇る黒緑速攻。

マーチやキリンなど、ダンディに続きさらにまた規制がかかる可能性も否めませんね。

長文失礼しました。
異論や質問等ございましたらぜひどうぞ。
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
次のページ
新殿堂発表!
新着
トップページ(連絡用)
映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』について
クソデッキ開発部OMG
GP4thに参加したので冬アニメレビュー書きましたby004
【Shadowverse】ぼたもち杯
Comment
ハックルキリンソーヤはなぜ4積みじゃないんですかバインドシャドウ入れるんだったら、ゴワルスキーより優先だと思いますが(^o^)
No title
そうですね。
ゴワルスキーを増やしたのは直前でした。ミスだったと自負しています。
ただバインド入り=キリン優先といった短絡的な考えは同意しかねます。

キリンを減らした理由としましては2つほどありまして、
一つはモスキートとキリンが並んだ場合、マナの関係上、後続が非常に厳しくなってしまう場面があったというものです。
コンセプトとしては並べてダルマを貼ってから殴るというのがありましたので、3ターン目にキリンを出したくなかったのです。

もう一つは、黒の枚数を増やしたかったということです。
1コストクリーチャーは黒のほうが多いので、黒の枚数を増やして1コス→1コス2体の流れを作りやすくするというのと、ジオナスで黒を落ちやすくさせるという目的がありました。
つまり緑を減らすということを考えた結果、並べることに関して不向きなキリンを減らしたということです。
色のたかが1,2枚、と思われるかもしれませんが、序盤が重要な速攻にとって大きな違いです。

何かのカードを4積み確定だと思い込んでしまうと、実はその構築が自分のプレイングとマッチしていなかった、ということもあります。
今回は自分のプレイングに合わせた構築を考えた結果、こうなったというわけですね。

プレイングは人それぞれ異なりますから、ぜひ自分に合った、最強で最良の構築を作り上げて下さい。
ご意見ありがとうございました。
TrackBack
積み木です。 第2回岡山CSに参加しました! 神戸から前日に帰省、実家に置いてあったオンボロチャリにライドしていざ会場へ。 初のCS参加ということで、ほんとに楽しみ過ぎて夜しか眠
Comment Form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

発岡勢

Author:発岡勢
Okayama F/F
相互リンク募集

QR

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。